FC2ブログ
どS美容師のブログ ホーム » 辛口の美容ウンチク »ブロムはアルカリ?酸性? どっちがベスト?

ブロムはアルカリ?酸性? どっちがベスト?  

場末のパーマ屋は フェイスブックにもいる

友達になってくれよ~!


どS美容師的 顔面書籍




ブログ読むなら クリックしてね! マナーだぜん♪



0006_20120504083643.jpg
にほんブログ村 美容室 サロン





今日のさらし者たち



使えば分かります!!お客様編♫

クリープ8でエアウェーブをあてる!

今日も楽しい日でした♡

シャントリの目的

クリープL7でゆるめにしっかり







んじゃ 今日の質問ね

・・・・・・・・・・

こんにちは。◯◯県のヘアーサロン◯◯◯の◯◯と申します。

先日はブログ晒して頂き有難うございました。

ブロムについてなんですが、酸性ブロムはキューティクル付近でしか働かず、
髪の内部まで浸透しにくいと聞いたのですが、逆にアルカリブロムは、
内部まで浸透してしっかり酸化出来ると聞きました。これは、間違いなんでしょうか?

お忙しいのに、厄介な質問すいません(汗

・・・・・・・・・・


ほいほい! ぜ〜んぜん 厄介ではない!


ブロムねぇ〜 ちょっと前に ぢ〜ぢも酸性でブロム作っちゃって

みんなに迷惑をかけちまったからな。。



こりゃ 基本 と 戦略 の狭間で揺れる

メーカーのご都合 理論の一部だろうか?





間違いでは ない。。


ただな


なんでも そうなんだけど あらゆる方向で思考しなければいけないし

理美容師の仕事としては 妥協もいるんだな・・・



前に パーマでの 炭酸での中間水洗についても

どっかの先生理論を書いただろ。。








ブロムに関してだと


ブロム(臭素酸)の特性は 酸性活性。。





アルカリ側では ブロムの反応は落ちてしまうんだ!






ブロム酸ってのは

酸性になると 反応を活発に行う

イコール 酸性のほうが 酸化をよくしてくれる理屈なんだな。






でもな・・・


たしかに 髪が酸性で収斂してしまえば 内部に浸透はしにくい

アルカリ側のほうが キューティクルも通過しやすいのが 理屈的には遭ってる・・・





ぐふふ

どっちもどっちなんだな(爆)






アルカリのほうが 当然浸透は良いだろうが

ブロムは働きにくい・・・



とくに 2液の前に phの低い(2〜3)なんぞの

酸リンスなんぞを 塗布すると 過収斂をおこして

ブロムの浸透を妨げる場合は 十分に考えられる。



しかし アルカリブロム自体が アルカリでブロムが反応しにくければ

当然 酸化は しにくくなってしまうハズなんだ。。



どっちも どっちだろ?(笑)




それにな


通常のアルカリ度のある 1液でパーマする場合は

いくら中間水洗しても 髪はアルカリなハズだろ。。

浸透の意味で アルカリブロムなら

すでに髪がアルカリなので ほぼ意味は無い。




単純なお話だ(爆)









ここで 場末のぢ〜ぢ的妄想で 最高の2液のお話しよか

こりゃ 15年以上前の 妄想なんで 軽く聞き流していただいてもいいが

その頃のアシッドはphが2〜3が多かったんで

過収斂して 2液の浸透が悪くなる。

しかも 当時の2液は 保存の意味でアルカリ性が多かった。

酸性でつくっちまうと ブロムが反応をはじめちゃうんでな・・・



んじゃってことで

アシッドと2液を 両方とも 例えば5倍ぐらいに薄めちゃう。

んで 通常2回づけするとこを 10回つける(笑)



すると 過収斂もしないで 2液もじんわりを 

欠点少なく 酸化できるんじゃないのか???



がはは


1回 5分としても 1時間近くかかる 2液処理なんぞ

現実離れすぎて 営業で使えるわけないしぃ〜(爆)







ただな

ここらへんの妄想から

ph5 酸度の高い

DO−Sアシッド をつくる!って事になったんだよ♪


収斂で ブロムの浸透を妨げないで

酸性で活性しやすい ブロムの特性を活かす。。






ま バランスが むずいけどね・・・









む ず い


そういや 話はずれるんだが ブロムってのは ほんとにムズイ!

そいや〜 最近 どっかの ケミカルヲタ美容師が言ってるらしいが


ブロム酸の濃度が どうたらこうたら・・・



実に くだらん。。


ブロムの酸化ってのは 非常にむずいから


だって 酸性で反応する原材料なんだ

商品化するには 反応させてしまうと 駄目。。


ぢ〜ぢは そこのとこ 無理して ph6でこさえて・・・

保存の悪さも考慮してなくて 失敗した。。




あんな

所詮 ケミカルヲタ美容師なんぞが 検証してもな

そのときの ハリだとか 上辺しか解んないんだよ。。


実際のとこ ブロム酸の 2液での影響なんぞ

2液に配合されてる 活性剤、乳化剤なんかの

影響がすごくでてしまうんで。。


手触りや質感なんぞ 実は ブロムの濃度なんかじゃなく

活性剤、乳化剤 の場合が 多くなっちゃうの(爆)



よく ブロムを時間置きすぎると ガサツクとかいうが

実は 活性剤や乳化剤の手触りかも知れないんだぜ〜。。




あ ごめん。。

話がそれすぎだ・・・









ま〜ね

アルカリブロムが いいかどうか???





浸透だけの問題なら

phのある程度高い 1剤でパーマしたなら

2液の前に phの低いアシッドを使用しない とか

2液の後で アシッドするとかで 問題なしだろうし。。



アルカリでは 反応しにくいブロム酸の特性からいえば

せっかく 浸透よくても 反応が悪ければ

どっちもどっちって事じゃないのかな???







>内部まで浸透してしっかり酸化出来る


内部まで浸透しやすいけど

ブロムは若干反応が悪くなるので酸化はしにくい



って感じじゃないのか?








ただし アルカリにしておけば

無駄に 活性剤や乳化剤を配合しなくて良いメリットもある。





けけけ

こりゃ ぢ〜ぢが作ってる ブロムの事か?(爆)



関連記事

category: 辛口の美容ウンチク

thread: 美容室 ヘアサロン

janre: ファッション・ブランド




当ブログはコチラに引越ししました!
↓ ↓

場末のパーマ屋の美容師日記




DO-Sシリーズの悪質なネット販売に注意!!!

DO-Sシャンプー等のヘアケア商品の
インターネット通販での購入はコチラから


bana0098
場末のパーマ屋の商品購入について


場末のパーマ屋 ブログ記事 検索フォーム

↑読みたい過去記事があれば 検索してください♩
7記事づつ 過去記事が表示されます。


クリックを宜しくお願いします♪


人気ブログランキングへ



ココから始まる DO-S的ヘアー理論♪

ヘアダメージでお悩みの方へ美容師のヘアケア法

すっぴん髪で 目指せ美髪!

DO-S ヘアケアシリーズ

DO-S ヘアケア

楽天市場でDO-Sシャンプーを購入する方へ

Amazon(アマゾン)でDO-Sシャンプーを購入する

DO-Sシャンプー&トリートメントが買える全国の理・美容室


tb: 0   cm: 2

トラックバック

トラックバックURL
→https://clickhair.blog.fc2.com/tb.php/1259-2672907e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

場末のB級パーマ屋

カレンダー

カテゴリ

検索フォーム

facebook

どSのつぶやき

最新コメント

アクセスランキング

▲ Pagetop