fc2ブログ
どS美容師のブログ ホーム » ヘアカラーリング »ホームカラーと美容室のヘアカラーの違い

ホームカラーと美容室のヘアカラーの違い  

美容室で使用しているヘアカラー剤とホームカラー剤の薬の違いは?

d903 258


美容室で染めてもらうと普通のサロンでも5000円以上から、
高級店では10000円以上もするヘアカラー

ドラックストアで売られているヘアカラー剤が400円程度から、
高くても1500円ぐらい。
美容室で染めてもらうカラー剤とドラッグストアで売っている
ヘアカラー剤にはどのような差があるのだろうか?

まずは、ヘアカラーの種類
大きく分けて

◎ブリーチ剤・・・髪の色素を脱色して明るくします。
◎ヘアカラー剤・・・ブリーチ剤で脱色しながら同時に色素を入れて染めていきます。
◎ヘアマニキュア・・・爪のマニキュアのように、表面に色が付着します。


ここでは、一般的によく使用されるヘアカラー剤について説明しよう。

通常のヘアカラー剤は、脱色剤と色素の両方で作られており、
明るい色ほど脱色剤が多く、暗い色は逆に色素の割合が多くなってるわけだ。

美容室で使用される薬剤と市販のヘアカラー剤の違いはこの色素の違いになる。
色素には通常よく使用されるモノとして酸化染料と直接染料の2つがあるんだ。
説明すると、酸化染料は髪の内部で発色するイメージで、直接染料は表面的に色が付着する感じ

美容室で使用している薬液と市販の薬の違いは、
この染料の配合の比率が違うと勝手に思ってる。
美容室で使用しているヘアカラー剤は、
酸化染料の混入率が多く髪の内部でよく染まるはずだな。

違いをまとめると

美容室でのヘアカラー剤で染めると
☆内部で染まっているために、色もちが良い。
☆薬液塗布が難しく、ムラになりやすく、染めるのが難しい。

市販のヘアカラー剤の場合は逆になりわけだな!
☆表面的な発色が多いため、色が早く取れてしまう。
☆薬の塗布量での色ムラがわかりにくく、自分で染めてもそれなりにキレイに染まる。


このようなヘアカラー剤の違いがあると 俺の勝手な妄想だな!
やはり、もちを重視するなら、美容室のカラー剤になるわけなんだけど・・・


それを どうやって お客さんに伝えるかだ(笑)


あ~ それに 今日に日記は俺の妄想なんで 責任はもたん。



だいたい メーカーが そんな事言うわけない

あいつらは 美容室にいったら 美容室向けのほうが 良いっていうし

ドラッグストアいけば 美容室向けと一緒だって 言うから(爆)

関連記事

category: ヘアカラーリング

thread: 美容室 ヘアサロン

janre: ファッション・ブランド




当ブログはコチラに引越ししました!
↓ ↓

場末のパーマ屋の美容師日記




DO-Sシリーズの悪質なネット販売に注意!!!

DO-Sシャンプー等のヘアケア商品の
インターネット通販での購入はコチラから


bana0098
場末のパーマ屋の商品購入について


場末のパーマ屋 ブログ記事 検索フォーム

↑読みたい過去記事があれば 検索してください♩
7記事づつ 過去記事が表示されます。


クリックを宜しくお願いします♪


人気ブログランキングへ



ココから始まる DO-S的ヘアー理論♪

ヘアダメージでお悩みの方へ美容師のヘアケア法

すっぴん髪で 目指せ美髪!

DO-S ヘアケアシリーズ

DO-S ヘアケア

楽天市場でDO-Sシャンプーを購入する方へ

Amazon(アマゾン)でDO-Sシャンプーを購入する

DO-Sシャンプー&トリートメントが買える全国の理・美容室


tb: 0   cm: 0

トラックバック

トラックバックURL
→https://clickhair.blog.fc2.com/tb.php/121-1e7b4405
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

場末のB級パーマ屋

カレンダー

カテゴリ

検索フォーム

facebook

どSのつぶやき

最新コメント

アクセスランキング

▲ Pagetop