FC2ブログ
どS美容師のブログ ホーム » 辛口の美容ウンチク »R-ST 疎水化ってどうよ! かなり使えるぜ 

R-ST 疎水化ってどうよ! かなり使えるぜ   

R-ST CREEP ⇒ MAGO汁

mixiで超有名な 科学書みたいな 美容師の MAGO氏が 作った

じゃじゃ馬の添加剤

mixi内の美容師うちでは MAGO汁と呼ばれてる代物だ、



こら~ かなり使えるもんだ!

中身はね~

ラックコート まぁ樹脂。

液体ですな。

強烈に疎水化します。

簡単に言えば 液体が 固体(ジェルぐらい)になるんだな



なるための条件は

酸と出会う。 カチオン物と出会う。 乾燥する。

よ~く覚えておいてくれ!




分子的に インナーに入る。。


液体でインナーに浸入して、固体になるから出にくい!




クリープと合わせれば、そのカールの形に

詰まる⇒ポーラス部やタンパクがずれた位置に・・・

あくまで イメージです。



まず 俺は矯正には使わない。。

そっちはBジェルかデジプロ55を愛用中っす!


だから 基本パーマとトリートメントで使用




まずは パーマ編

疎水するって事は、イメージで言えばロッドで巻かれた形で
架橋するってイメージ

で~ 俺的には 出来るだけ インナーで疎水させたい!

だって 表面じゃ その時だけのような気がするから。

インナーで疎水♪

だから、2液中は使わない。

だって、2液ついてたら 
中に入るまえに表面で疎水すんじゃねぇの?
って 妄想するから・・・


◎クリープの場合は1液に混ぜるか、中間水洗後に塗布(15倍程度)

◎エアの場合は機械に入れるまえに塗布。

◎コールドとデジは しないから知りません(爆)


これだけです、、

俺は基本、前処理や中間処理はしない人間です。
いろんなもん入れすぎたら MAGO汁入らない感じするから。
あと変なもん入れてたら 表面近くで疎水しそう・・・


まぁ 髪質によりますが 入れすぎると 効果減るイメージ。


髪の中に入って液体が固体に変化して 形をかためるって
イメージですな。。

低分子のケラチンや脂質のCMCが入ってたら 
邪魔だと思っている


あと 重要なのは 使う髪質なんだ。。

ダメージ少なく、硬く、中身詰まってるような髪にしても
無駄だと 思っている。

パーマはその人の持ってるタンパク質にかけるっつ~のが持論なんで
必要ない髪につけても 意味ねぇ~って(笑)

だから ポーラス毛やハイダメージ毛が対象。

細い毛や軟毛は もう~勘のみだな!

ダメージ少ない場合は 逆に重たさになるような気もするよ。

MAGO汁って 架橋のウェーブ効率UP目的なんだが
重たさって事もあると思うんで・・・




あと トリートメント~

これも もちを考えると 出来るだけインナーで固めたい。

だから、 シャンプーだけして MAGO汁を投入

よく ラメラとか つける人多いみたいですが
俺は重たくなるので 使いません。
自前のどSトリでチェンジリンスだけです。


MAGO汁とどSトリだけでも コンプレックスするんで
いいんじゃないかと思っています。
それ以外は何もつけていません♪

これ 今3ヶ月 近くしてますが 
ストレートのお客さんの評判は抜群です。


場末のパーマ屋の勝手な 使用法だから!
関連記事

category: 辛口の美容ウンチク

thread: 美容室 ヘアサロン

janre: ファッション・ブランド




当ブログはコチラに引越ししました!
↓ ↓

場末のパーマ屋の美容師日記




DO-Sシリーズの悪質なネット販売に注意!!!

DO-Sシャンプー等のヘアケア商品の
インターネット通販での購入はコチラから


bana0098
場末のパーマ屋の商品購入について


場末のパーマ屋 ブログ記事 検索フォーム

↑読みたい過去記事があれば 検索してください♩
7記事づつ 過去記事が表示されます。


クリックを宜しくお願いします♪


人気ブログランキングへ



ココから始まる DO-S的ヘアー理論♪

ヘアダメージでお悩みの方へ美容師のヘアケア法

すっぴん髪で 目指せ美髪!

DO-S ヘアケアシリーズ

DO-S ヘアケア

楽天市場でDO-Sシャンプーを購入する方へ

Amazon(アマゾン)でDO-Sシャンプーを購入する

DO-Sシャンプー&トリートメントが買える全国の理・美容室


tb: 0   cm: 0

トラックバック

トラックバックURL
→https://clickhair.blog.fc2.com/tb.php/113-98a82175
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

場末のB級パーマ屋

カレンダー

カテゴリ

検索フォーム

facebook

どSのつぶやき

最新コメント

アクセスランキング

▲ Pagetop